環境宣言
北海道ペットボトルリサイクル株式会社
【基本理念】
北海道ペットボトルリサイクル株式会社は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、全組織を挙げて環境負荷の低減に努力します。
【方 針】
北海道ペットボトルリサイクル株式会社は、ペットボトルフレークの製造・販売に係わる全ての事業活動とこれらの製品及びサービスの環境影響を低減するために、次の方針に基づき環境マネジメント活動を推進して地球環境との調和を目指します。
(1) 環境関連の法順守
環境に関する法律その他の要求事項を順守し、環境保全の向上に努めます。
(2) リサイクル事業・省エネルギー・省資源の推進
本業のリサイクル事業の推進及び、電力、軽油等のエネルギー有効活用の改善活動に取り組むとともに、世界的な水不足傾向から水使用量の節約に努めます。
(3) 廃棄物
収率の向上、廃棄物の有効活用等で、廃棄物量の削減に取り組みます。
(4) 地域の自然環境との調和
札幌市の自然に恵まれたすばらしい環境のもとで事業活動を行っていることを十分に認識し、美しい地域環境作りに貢献します。
(5) 環境啓発活動の展開
一人ひとりが環境負荷低減活動を積極的に実践できるように、この環境宣言を全従業員に周知するとともに一般の人々が入手できるようにします。
(6) 地域活動への参加
地域の環境改善活動に積極的に参画します。
(7) 環境管理物質の使用禁止
ソニーSS-00259,JGPSSIで禁止されている対象物質を使用しません。

上記の方針達成のために、環境目的・目標を設定し、定期的に見直し環境マネジメントシステムの継続的な改善に取組み、汚染の予防を図ります。

制定日
2002年11月1日
改定日
2016年4月1日
北海道ペットポトルリサイクル株式会社
代表取締役 笠野 博史